ロヒプノールと併用禁忌・注意薬|飲み合わせで注意すること

ロヒプノールの併用禁忌・注意薬を把握しよう

 

たいていの医薬品には、併用してはいけない「併用禁忌」や、慎重な併用が必要な「併用注意」の医薬品があったりします。ロヒプノールもそれは同じで、「併用禁忌」はないものの、「併用注意」についてはいくつか存在しています。なので、あらかじめ知っておかないとトラブルのもとになってしまいます。

 

ここでは、ロヒプノールと併用禁忌・注意の医薬品や、よく使われる医薬品との飲み合わせについてまとめて解説していきます。

 

目次

 

併用禁忌はない

 

まず第一に、ロヒプノールには「併用禁忌」となる医薬品はありません。そのため、うっかり禁忌薬を併用してしまうケースの心配はありません。

 

ただし、「禁忌事項」については複数あるので、確認しておきましょう。

 

  1. ロヒプノールの成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  2.  

    本剤を服用すると、過敏症・薬疹の副作用が出ることがあります。昔ロヒプノールを服用し、過敏症などが出たことがある人は、再び服用するのは禁忌となります。

     

    >>ロヒプノールの過敏症・薬疹の副作用

     

    過敏症・薬疹については↑をご覧ください。

     

  3. 急性狭隅角緑内障の患者
  4.  

    ロヒプノールには「抗コリン作用」があり、眼圧を上げる作用があります。急性狭隅角緑内障の症状を悪化させる可能性があるので、服用できません。

     

  5. 重症筋無力症の患者
  6.  

    筋弛緩作用が重症筋無力症を悪化させる可能性があるので、服用できません。

     

  7. 肺性心、肺気腫、気管支喘息及び脳血管障害の急性期等で呼吸機能が高度に低下している患者
  8.  

    呼吸機能を抑制する作用があり、呼吸機能が低下している患者の場合炭酸ガスナルコーシスのリスクがあります。なので服用は原則禁忌となっています。

     

 

ロヒプノールの併用注意を知っておこう

 

ロヒプノールに「併用禁忌」はありません。しかし、「併用注意」については複数あるので、あらかじめ押さえておきましょう。

 

中枢神経抑制剤(アモバン、マイスリー、デパス、レキソタンなど)

 

併用注意薬として最も目立つのが「中枢神経抑制剤」です。中枢神経抑制剤とは、中枢神経の働きを押さえて「眠気」や「抗不安作用」をもたらす薬のことで、そもそもロヒプノール自体が中枢神経抑制剤となります。

 

その他に、中枢神経抑制剤にはどんなものがあるのかをまとめてみました。

 

ベンゾジアゼピン系 ロヒプノール(サイレース)、デパス、レンドルミン、ハルシオン、ユーロジン、ソラナックス、ワイパックス、ベンザリン、メイラックス など
非ベンゾジアゼピン系 マイスリー、アモバン、ルネスタ
バルビツール酸系 ベゲタミン、ラボナなど
抗ヒスタミン薬 アタラックス、ポララミン、アレジオン、アレグラ、ザイザル、クラリチン など
フェノチアジン誘導体 メチレンブルー、プロマジン、フルフェナジン など

 

↑のリストはすべて中枢神経抑制剤となります。デパスやマイスリーといった抗不安薬・睡眠薬もそうです。それに、意外なところでは、花粉症などに使われる「アレジオン」「ザイザル」などの抗ヒスタミン薬も中枢神経抑制剤となるのです。

 

中枢神経抑制剤は市販薬に配合されていることもあります。なので、本剤を服用中に、別の持病の治療で薬が必要なときは、医師に併用してもいいかどうか聞いたほうが無難です。

 

さて、どうして併用注意となるかについてですが、「中枢神経抑制剤を併用すると、中枢神経抑制作用が増強されるから」となります。

 

眠気、意識障害、血圧低下、運動失調

 

↑は中枢神経抑制作用による症状ですが、これらの症状が増強されるということです。考えてみれば当たり前のことですが、軽い気持ちでロヒプノールとその他の中枢神経抑制剤を併用すると異様な眠気に襲われたりなどのリスクがあるのです。

 

「併用禁忌」まではいかないので、これらの医薬品が2つ以上処方されることもあります。例としては、中途覚醒と不安障害の2つの症状がある場合、本剤と「デパス」などの抗不安剤が同時処方されるケースはありえます。

 

とはいえ、「併用注意」ということは覚えておいて、医師のアドバイスのうえでなら併用したほうがよいということは覚えておきましょう。

 

モノアミン酸化酵素阻害剤(MAO阻害剤)

 

MAO阻害剤は、パーキンソン病などに利用される薬です。ロヒプノールと併用してしまうと、舞踏病(手足が勝手に動いて踊るように動いてしまう病気)になることが報告されています。

 

MAO阻害剤はあまり利用頻度の高い薬ではありませんが、高齢者だとパーキンソン病治療で服用する可能性はあります。診察の際は、事前に「ロヒプノールを服用しています」と伝えておくようにしましょう。

 

シメチジン

 

代表商品名:タガメットなど
胃炎や胃潰瘍に用いられる医薬品となります。シメチジンには肝チトクロームP450を阻害する作用があるので、本剤の血中濃度低下速度を遅くしてしまう恐れがあり、なかなか効果が切れないことになってしまいます。

 

癌の治療などにも用いられることがあるほか、市販の胃薬でも広く普及しています。

 

フロンティア、パンシロンH2ベスト、住友胃腸薬スコープ、センロックエース、ザッツブロック、アルサメックなど

 

↑のように、多くの市販薬にシメチジンが配合されています。家にある胃薬をいい加減に選んで服用するのはやめて、箱の裏の成分表はしっかりチェックするようにしましょう。

 

知らないうちに併用してしまう恐れが強い医薬品となります。あらかじめ、頭に入れておいた方がいいでしょう。

 

アルコールも併用注意に指定されている

 

添付文書上では、アルコールも併用注意です。

 

>>アルコール併用は厳禁!お酒との危ない関係

 

詳細な危険性については↑の記事で解説しているので、是非お読みください。

 

一般的な医薬品との飲み合わせ

 

ロヒプノールの併用注意薬については説明したとおりです。しかし、それ以外にも「この薬を良く使うんだけど、飲み合わせはどうなの?」という組み合わせがあるはずです。

 

ここでは、一般的に使われることの多い医薬品と、ロヒプノールの飲み合わせを解説していきます。

 

風邪薬(ムコダイン・パブロン・ルルなど)

 

ロヒプノール服用中に、「風邪を引いた」なんてこともあるはず。そんなときは、風邪薬を併用してもいいのかどうかが気になります。

 

医薬品名

効果

アスベリン

咳止め

アストミン

咳止め

フスコデ

咳止め

メジコン

咳止め

レスプレン

咳止め

アンブロキソール

喉の炎症を鎮める

エンピナース

喉の炎症を鎮める

 

ムコダイン

咳止め、痰切り、鼻づまり防止

 

↑はよく処方される風邪薬です。ムコダインは適応症が多いので使い勝手がよく、特に多く処方されます。

 

まずロヒプノールとの併用についてですが、基本的には大丈夫です。眠気の副作用についてだけ注意しましょう。あらかじめ医師に「ロヒプノールを服用中です」と伝えておけば、最善の処方をしてくれるはずです。

 

問題は市販薬を買って使う場合です。風邪というとパブロンやルルといった市販薬で済ませる人が多いはずですが、これらの市販薬には鼻止めとして眠くなりやすい成分が入っている可能性があり、本剤と作用が重複して異常な眠さが出たりします。眠くなってもすぐ横になれる環境なら併用してもいいですが、無理して仕事に行かないといけない場合などは避けたほうがよいでしょう。

 

眠くなる成分の正体は抗ヒスタミン薬です。併用注意薬のところで解説したように、抗ヒスタミン薬には中枢神経抑制作用があり、本剤と併用すると眠気などの症状が増強されます。成分名としては「d-クロルフェニラミン」や「マレイン酸カルビノキサミン」となります。箱の裏の成分表を見て、入っているようなら別の医薬品にしたほうがよいでしょう。もし判断できない場合は、薬局で問い合わせてみましょう。

 

胃腸薬(ムコスタ・ガスター・ビオフェルミンなど)

 

胃腸薬を常用しているという人も多いはずです。

 

ムコスタ、ブスコバン、ガスター、タケプロン、パリエット、ネキシウム、ビオフェルミン など

 

よく利用される胃腸薬としては、↑のとおりとなります。

 

ロヒプノールとの併用については、それほど問題はありません。併用注意ではないので、同時服用しても大丈夫です。

 

それどころか、副作用によって胃が荒れてしまっているときは、胃腸薬は症状を抑える可能性があり、飲み合わせとしては悪くないと言えるでしょう。

 

注意するとすれば、胃腸薬の種類をしっかり選ぶことです。胃腸薬といっても種類はいろいろあり、症状に合わせて選ばないと逆効果になることがあります。もし適切な胃腸薬が分からない場合は、薬局で聞いてみたほうがいいでしょう。

 

解熱鎮痛剤(ロキソニン・ボルタレン・バファリンなど)

 

持病で頭痛や生理痛を持っていると、解熱・鎮痛剤を常備しているかもしれません。特に多いのがNSAIDsと呼ばれる医薬品です。

 

ロキソニン、ボルタレン、イブプロフェン、アスピリン、ポンタール、インドメタシン

 

NSAIDsの代表例は↑のとおりです。見たことがあるという人も多いでしょう。

 

ロヒプノールの併用については問題なく、お互いの効果を打ち消すなどの心配はありません。

 

ただし、飲み合わせについてはあまり良いとは言えません。というのも、NSAIDsとロヒプノールは、消化器系の副作用が重複しているからです。

 

>>ロヒプノールの消化器系副作用症状

 

ロヒプノールの消化器系症状については↑で解説しています。そして、ロキソニン、ボルタレンといったNSAIDsも、胃を荒らしやすいのは良く知られた話です。

 

しかも、ロヒプノールとNSAIDsでは、胃を荒らす原因が異なるのです。つまり、同時に起こる可能性があり、胃腸症状が重症化する恐れがあります。

 

そのため、併用するなら、まず用法・用量は必ず守ることが重要です。ロキソニンなどのNSAIDsは空腹時に飲むと胃腸が荒れやすいので、必ず食後に服用しましょう。

 

また、どうしても消化器症状がつらいようなら胃腸薬を追加するのも手です。医師や薬局に問い合わせて、最適な胃薬を出してもらうとよいでしょう。

 

その他の医薬品(ピル、抗生物質、ワーファリンなど)

 

細菌性の症状で体調を崩すと、よく抗生物質が処方されます。また、女性の場合はピルを使っているケースもあるでしょう。まとめて飲み合わせを見ていきます。

 

種別

代表医薬品

概要

ピル

トリキュラー、ダイアン、ヤスミン、アイピル

併用はOK。ただし消化器系の副作用の重複に注意

抗生物質

フロモックス、メイアクト、クラビット、ジスロマック

併用はOK。ただし消化器系の副作用の重複に注意

ワーファリン

ワルファリン

併用はOK。

 

↑はロヒプノールとの併用についてまとめた表です。いずれも併用については問題ありませんが、消化器系の副作用が重くなる可能性は考慮しておきましょう。

 

飲み合わせの悪い食品について

 

ロヒプノールと飲み合わせの悪い食品は以下となります。

 

GABA

 

GABAは、脳で働く抑制性の神経伝達物質で、気持ちを落ち着かせる作用がありますが、本剤はその働きを強めます。GABAのサプリを飲んでしまうと、作用が強すぎて、副作用がでやすくなります。

 

 

セロトニンとメラトニン

 

いずれも、寝つきを良くするサプリで、不眠に悩む人に飲まれています。併用すると、強い眠気やふらつきなどの副作用がでて、日常生活に支障をきたすことがあります。継続していたロヒプノールをやめるときの代用であれば、問題はないでしょう。

 

 

セントジョーンズワート

 

うつ病や不眠症に効果のあるサプリで、ロヒプノールと同じような作用があります。併用すると、せっかくの効果が得られないうえに、不安やイライラが増すこともあります。

 

併用注意・飲み合わせまとめ

 

まずはじめに、ロヒプノールには「併用禁忌」となる医薬品はありません。ただ、併用注意は以下のものがあります。

 

  1. 中枢神経抑制剤
  2. モノアミン酸化酵素阻害剤
  3. シメチジン

 

これらの医薬品は、自己判断での併用は避けたほうがよいでしょう。併用が必要かどうかは、医師に判断してもらったほうがよいです。

 

また、市販薬などのよく使われる医薬品とロヒプノールの飲み合わせについても、

 

  1. 眠気、ふらつき、めまい
  2. 消化器系の副作用(吐き気、胃痛など)

 

↑の症状の重複については意識しておきましょう。

 

最後に、1つ注意点があります。どんな医薬品も、肝臓・腎臓で代謝されます。なので、併用する医薬品が増えると、それだけ肝臓・腎臓の負担が重くなるということです。

 

ロヒプノールを服用中は、どんな医薬品であっても併用時は肝臓・腎臓に注意を払いましょう。健康診断で数値の悪化が見られたときは、医師に相談して併用を続けてもいいか判断してもらいましょう。

 

【前のページ】大量摂取(od)のリスクは?致死量はどのくらい?

 

【このページ】併用禁忌・注意の医薬品まとめ

 

【次のページ】ロヒプノールQ&Aまとめ