ロヒプノールは妊娠中や授乳中の赤ちゃんに悪影響がある

妊娠中はロヒプノールを飲んで良い?

精神科に通う女性の数は、男性のおよそ2倍にもなることを知っていますか?このことから、男性よりも女性のほうが、不安やイライラ、不眠などに悩んでいるといえます。

 

それらの女性のなかには、妊娠を望んでいたり、妊娠の可能性がある人もいるでしょう。そこで気になるのは、妊娠したときや授乳中に、ロヒプノールを飲んで良いのかということです。

 

ここからは、妊娠や授乳の期間に、本剤を服用するとどう影響があるのかを見てみましょう。

妊娠中は精神が不安定になりがち

女性ホルモンには、プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)の2種類があります。妊娠すると、これらの女性ホルモンの分泌が多くなります。

 

その女性ホルモンのひとつ、プロゲステロンが多く分泌されると、肌トラブルのほか、
精神面に影響をおよぼすことがあります。不安やイライラ、無気力でなにもしたくない、などの症状があります。

 

健康な女性が、妊娠をきっかけに精神が不安定になるのは、さほど心配はないでしょう。問題があるのは、妊娠する前から精神状態が不安定といったケースです。プロゲステロンが増えることで、イライラや不安はさらに増し、耐えられないといった状態にまで追いこまれることがあります。

 

妊娠中にロヒプノールを飲むことのリスクは?

 

まずは、妊娠中にロヒプノールを飲んだら、どんなリスクがあるのか見てみましょう。

 

妊娠初期(~3か月) 動物実験では、ベンゾジアゼピン系(本剤以外では、デパス、レキソタンなど)の睡眠薬を服用すると奇形が多くなるという報告がある。同系統のジアゼパム(セルシン)では、人間でも奇形が増えるという報告があった。しかし、催奇形性については古い情報だとする声もあり、完全な報告はない。
妊娠後期(3か月~出産) 胎児や新生児に筋弛緩、低体温、仮死状態などのリスクがある。

 

一番注目したいのは、妊娠初期の催奇形性(奇形確率の増加)の部分です。妊娠初期では、奇形のリスクが高まるといわれています。いっぽうで、本剤と奇形は関係ないとする報告もあり、はっきりと結論が出ていません。とはいえ、影響がないと考えるのは少し不安な部分です。

 

妊娠後期では、赤ちゃんに直接薬の影響が出てくる考えていいでしょう。お腹のなかの赤ちゃんは、お母さんの体重の10分の1にもみたない小ささです。お母さんが妊娠中に薬を飲めば、たとえ少ない量でも、赤ちゃんにとっては大量になってしまいます。その結果、赤ちゃんに、筋弛緩や低体温など、本剤の作用が直接でてしまう恐れがあります。

 

ロヒプノールの危険性をデータで評価する

お腹の赤ちゃんへの薬物影響度は、アメリカ食品医薬品局(FDA)の「薬剤胎児危険度分類基準」が参考になります。この基準では、医薬成分が胎児に与える影響を「A」~「x」で評価しています。

 

薬剤胎児危険度分類基準

A

CONTROLLED STUDIES SHOW NO RISK(ヒト対照試験で、危険性がみいだされない)

 

解説:しっかりと試験を行ったうえで、危険であるという証拠が出なかったもの。

B

NO EVIDENCE OF RISK IN HUMANS(人手の危険性の証拠はない)

 

解説:動物実験では危険性を示す証拠がないが、人の実験はしていないもの。

RISK CANNOT BE RULED OUT(危険性を否定することができない)

 

解説:動物実験では危険性を示す証拠があるが、人での実験ではしていないもの。

D

POSITIVE EVIDENCE OF RISK(危険性を示す確かな証拠がある)

 

解説:動物実験でも、人での実験でも、危険性が確認されているもの。

x

CONTRAINDECATED IN PREGNANCY(妊娠中は禁忌)

 

解説:胎児への危険性の決定的な証拠があり、服用が禁忌であるもの。

 

 

アメリカはロヒプノールの国内持ち込みを禁止しているので、この基準の評価はありませんが、同じベンゾジアゼピン系の「セルシン」「ワイパックス」といった睡眠薬は評価が「D」となっているため、本剤もも同程度と考えてよいでしょう。

 

つまり、妊娠中にロヒプノールを服用するのは、データ上でもある程度の危険があるということを認識すべきです。「禁忌ではないが、できるだけ服用しないようにする」と知っておくことが重要です。

 

「危ないからやめろ」と口で言うのは簡単ですが、本当はもっと難しい問題です。もともと、ロヒプノールを飲んで精神の安定を保っていた人がやめてしまうと、ストレスで流産する可能性があります。つまり、飲んでも、飲まなくてもリスクがあるということです。どちらかを選ぶのはとても難しい選択になります。

 

ロヒプノールには「治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与」するよう注意書きがあります。

 

これは、どういうことかというと、赤ちゃんへのリスクより、お母さんの精神状態を落ち着かせることを優先すべきと医師が判断すれば、服用しても良いということです。医師の指示がなく服用するのは、とても危険ですので、必ず医師と相談しましょう。

 

医師の判断により、ロヒプノールを飲むことになったら、「これが赤ちゃんにとって最良の方法」と割り切ることも大切です。赤ちゃんに良くないと、罪悪感をかかえながら服用すると、また別のストレスが生まれます。

 

妊娠を知らずにロヒプノールを飲んでしまったら?

ロヒプノールをずっと飲みつづけていて、ある日、妊娠がわかった場合はどうすればよいでしょう。

 

できれば、妊娠を知った時点で、薬をやめるのが理想的ですが、長期にわたって服用していた場合、急にやめられないこともあります。無理にやめると、急激な不安や不眠など「離脱症状」をおこす可能性があります。

 

流産リスクは、お母さんに強いストレスがあると高まるため、精神的不安はできるだけ解消しなければなりません。また、赤ちゃんの成長を促進するため、質の良い睡眠をとることが大切です。そのため、服用はつづけながら量を減らすといった対応がとることが多いようです。

 

なお、ロヒプノールの代用として、やさしい効き目の抗不安薬や、不安をおさえる効果のあるサプリメントを試してみるのも良いでしょう。

 

いずれの案も、医師の判断をあおぐ、というのが大前提です。信頼できる医師とじっくり話をし、計画的に服用することで、薬のリスクを最小限に減らすことができます。

 

妊娠の可能性がある女性であれば、妊娠のサインを見逃さないようにしましょう。ロヒプノールを服用中に妊娠したのなら、薬をやめたり、少しずつ減らすことを考えなくてはなりません。しかし、長期間、妊娠にきづかなければ、そのタイミングを逃してしまいます。ロヒプノールを飲んでいるなら、人一倍、妊娠には敏感になっておくことが大切です。

 

授乳中にロヒプノールはどう影響する?

授乳中、赤ちゃんはお母さんの母乳だけを飲むのが一般的です。そんなとき、お母さんがロヒプノールを飲んでいると、その成分が含まれた母乳を、赤ちゃんが飲むことになります。

 

それが赤ちゃんに作用した場合、睡眠サイクルが乱れたり、運動能力が低下するなど、さまざまな影響がでる可能性があります。

 

そのようなリスクをさけるにはどうすれば良いでしょうか。それは、母乳ではなくミルクをあたえることです。母乳が出ないお母さんもいますし、ミルクだけが良いと「完全ミルク育児」をするお母さんもいます。不安を感じつつ授乳するなら、ミルクで育てるほうが、メリットは大きいでしょう。

 

ただし「完全ミルク育児」には問題もあります。それは、赤ちゃんにお母さんの免疫を分けることができないことです。初乳には「免疫グロブリンA」という免疫が含まれていて、赤ちゃんの成長に大きく関係するといわれています。そこで、ロヒプノールを含んだ母乳は最低限にへらし、少しでも免疫物質をあたえるため、産まれてからの2~3日だけ初乳をあたえるのが良いでしょう。

 

最後に

妊娠中にロヒプノールを服用するには、難しい判断が求められます。赤ちゃんに影響することは心配ですが、薬をやめてお母さんに悪影響があれば母子ともに危険です。これらをどう見極めるかはとても難しく、ていねいに医師と話し合うことが大切です。

 

授乳中は、ロヒプノールが赤ちゃんに影響しないよう、完全ミルク育児をすれば問題はありません。ただし、少しでもお母さんの免疫力を分けるため、初乳だけはあたえましょう。

 

【前のページ】アルコール併用の危険性・お酒のリスク

 

【このページ】妊娠中・授乳中の赤ちゃんへの影響

 

【次のページ】大量摂取(od)のリスクは?致死量はどのくらい?